家庭用脱毛器であっても照射前に注意したいこと

家庭用脱毛器を使用する時に、一応準備が必要な器械もあります。
レーザーなどの照射をする時には、必ずその部分を冷やさなければなりません。
専用ジェルが用意されている場合は、それを使用して、キンキンに冷やさなければ、照射している間、痛い思いをすることが多いです。
また、短い毛の場合は、そのまま照射できることが多いですが、長い毛の場合は、最初にある程度剃ってから行わなければならない家庭用脱毛器もありますから、注意が必要です。
脱毛サロンでも同じような下準備が必要なことがあります。CX_FV154
予め短く剃ることで、照射効果を良くすることとされています。
そして、注意してほしいのは、サーミコン時の脱毛器以外の時には、なるべく日焼けをしないことです。
特に黒くなってしまった時には、家庭用脱毛器そのものを使用しないほうが良いとまで言われています。
これは、光脱毛器などの場合は、厳密に言うと毛に対応するのではなく、肌の上の黒いものに反応します。
ということは、黒い肌やほくろにまで照射をする事になります。
ほくろを取ることは不可能ですから、せめて日焼けだけは絶対に避けるようにしてください。
脱毛サロンなどでは、日焼けは禁止行為であり、施術そのものが出来ないこともあります。
家庭用脱毛器と言っても、照射をするのですから、同じ禁止行為に変わりはありません。
また、事前にスキンテストを行う家庭用脱毛器もあり、異常がある時には使用できないこともあります。
いろいろと注意事項があります。