気になる!ハイパースキン脱毛ってどんな脱毛?

脱毛ってしてみたいけど、「痛そう」「肌が弱いけど、脱毛できるかな?」など色々な不安があると思います。でも、この不安を打ち消してくれるすごい脱毛方法が出たのです。

それが、ハイパースキン脱毛という脱毛方法です。
従来の脱毛方法と何が違うのか?

【従来の脱毛方法】

従来の脱毛方法は、医療レーザー脱毛・光脱毛(フラッシュ脱毛)・S.S.C脱毛、IPL脱毛と光と熱を使って毛根にダメージを与えることによって、毛乳頭細胞を破壊して脱毛させていました。
これらの方法は一見、安全に見えますが、実はそうとうなダメージをお肌に与えていることになるのです。つまり、効果は大きいけど、肌に背負うリスクが高いってことになるんですね(´・ω・`)

【ハイパースキン脱毛方法】

ハイパースキン脱毛の方法は、今までの脱毛の「熱による細胞の破壊」を行いません。
しかも、施術するところは、通常だと成長期の毛に対してダメージを与えるのですが、ハイパースキン脱毛は「休止期」の毛に対してアプローチします。

休止期の毛に対して何をするのかといいますと、特殊な光によって
発毛の種を消滅させるというものです。発毛因子をなくしてしまえば
毛は生えてこなくなるからです。

【ハイパースキン脱毛は痛みもなく肌も傷つかない】

ハイパースキン脱毛は、毛の発毛因子に対して効果を発揮するので
痛みはなく、熱いといってもほんのり温かい温泉に入っているかのような
感覚で脱毛することができます。しかも、肌が強い熱を持たないので、肌トラブルもなく。安全にやけどやシミの心配もなく脱毛ができるのです。

【ハイパースキン脱毛のデメリット】

ハイパースキン脱毛は1回あたりの効果が光脱毛と同じぐらいの効果なので、なかなか効果が得られないという話をよく聞きます。
実は、効果がないと感じてやめてしまったり、ちゃんと毛周期に合わせて通わないでいると、効果が得られにくいということになるのです。

ハイパースキン脱毛はその安全性から子どもでもできる脱毛として注目されているのです。