家庭用脱毛器の使い方」カテゴリーアーカイブ

値段や品質で脱毛器比較を行おう

現在はたくさんの家庭用脱毛器が販売されていますが、満足できる効果を実感できる製品はあまり多くはありません。

そのため、家庭用脱毛器を購入する場合は、事前に各商品をよく調べてみることをおすすめします。

しっかりとした品質の脱毛器を選ぶことができれば、自宅で気軽に脱毛を行っていくことが可能になるでしょう。

有効な脱毛器比較方法として、脱毛器に関する情報サイトや口コミサイトを利用する方法があります。

人気のある家庭用脱毛器を購入した人たちの率直な意見や感想をたくさん読むことができるので、どの脱毛器を買えばいいか迷っている人たちにはとても参考になります。

脱毛器によって値段は違ってきますが、できる限り安い脱毛器を試してみたいと考えている人も少なくないと思います。

しかし、安い値段の脱毛器は低品質になりがちで、いくら使用しても効果をなかなか実感できない可能性が高くなります。

脱毛器比較サイトの一つであるランキングサイトで高順位に位置している脱毛器は基本的に価格は高めですが、効果をしっかりと実感できる製品がほとんどです。

自分で脱毛にチャレンジしたい場合は、このような情報サイトで高評価を得ている脱毛器を購入することで、家庭用製品でも満足できる効果を実感しやすくなるでしょう。

ただし、エステやクリニック等の脱毛施術に使われる業務用機器と比べるとパワーは落ちるため、毛質によってはなかなか脱毛できないケースも少なくありません。

そのため、家庭用脱毛器でどうしても効果を実感できない場合は、プロの施術を検討してみることをおすすめします。

人気が高い脱毛器比較!売れ筋脱毛器は?脱毛効果は?

市販されている家庭用脱毛器の比較!
どの脱毛器があなた向きでしょうか?

・ケノン
脱毛器業界ナンバーワンのケノン。
光エステと同じ光脱毛が自宅でできます。
フォトフェイシャルの美顔効果もあり、まさに自宅がエステサロンになります。

お子さんも男性も使えて、家族でツルピカ肌になります。

・トリア
自宅でレーザー脱毛ができます。
効果を実感できやすく、強力な脱毛が期待できます。
その分痛みを感じやすい方、薄い毛などには対応できない場合もあります。

・ノーノーヘア
サーミコン式のノーノーヘア。

熱線で切りながら、毛根に刺激を与え抑毛効果があります。
肌の上を滑らすだけムダ毛処理ができます。
ただ、熱さを感じる方も多く、使い方をマスターしないとキレイに脱毛できないという声もあります。

・ラヴィ
痛みがないIPL脱毛。
エステ効果の美顔機能もあり、肌に優しい脱毛ができます。

この場合、カートリッジは別売りになっています。
楽天ランキングでも人気があります。
男性の鬚にも対応していますから、家族で脱毛ができるのも嬉しいですね。

・ソイエ
抑毛効果が高いソイエは、泡脱毛ができます。

お風呂での脱毛ですから、脱毛クリーム等で肌を傷めることなく寝優しく脱毛ができます。
角質ケアもでき、ヒジ下、ヒザ下脱毛のついでに美肌ケアもできますね。

すっきりとしていて、他の脱毛器とは違う使用感があります。
1回のフル充電で40分間使用でき、バスタイムで脱毛ができます。

サイト等でランキング上位の脱毛器です。
あなたならどのタイプが良いでしょう?

全身脱毛が安いサロンの見つけ方

全身脱毛をする上で、お金の問題は大きいです。
少し前までは、一括で料金を支払わなければいけなかったので、お金がないとローンを組む必要もあったほどです。
最近では、月額制のサロンも増えて、手軽に脱毛できるようになりましたが、合計するとかかる費用は決して安い物ではありません。

全身脱毛はできるだけ安いサロンで行いたいと誰もが考えます。
月額制の場合、毎月の価格しか記載されていないので、合計でいくらかかるかが分かりにくいです。
月額7000円と9000円のサロンでは、一見7000円の方がお得に感じます。

けれども、月額制の脱毛は、全身をいくつかのパーツに分けていることがほとんどです。
全身を4つに分けるサロンと、2つに分けるサロンがあるので注意しましょう。

4つに分ける場合、1回の施術で全身の1/4だけ脱毛し、4回かけて全身1回分の脱毛になります。
2つの場合は2回で全身の脱毛ができることが分かります。

先程の例でいうと、7000円のサロンが4つのパーツ、9000円のサロンが2つのパーツに分けていたとすると、通う回数は7000円のサロンが2倍必要になります。

その分お金もかかるので、7000円の方が安いとは一概には言えません。
お得に全身脱毛をするサロンを見つける時は、合計金額を計算して比較するようにしましょう。

全身脱毛の場合、最低5回は施術しないとムダ毛をなくすことはできません。
回数には個人差がありますが、合計を計算する上での参考になります。

気になる!ハイパースキン脱毛ってどんな脱毛?

脱毛ってしてみたいけど、「痛そう」「肌が弱いけど、脱毛できるかな?」など色々な不安があると思います。でも、この不安を打ち消してくれるすごい脱毛方法が出たのです。

それが、ハイパースキン脱毛という脱毛方法です。
従来の脱毛方法と何が違うのか?

【従来の脱毛方法】

従来の脱毛方法は、医療レーザー脱毛・光脱毛(フラッシュ脱毛)・S.S.C脱毛、IPL脱毛と光と熱を使って毛根にダメージを与えることによって、毛乳頭細胞を破壊して脱毛させていました。
これらの方法は一見、安全に見えますが、実はそうとうなダメージをお肌に与えていることになるのです。つまり、効果は大きいけど、肌に背負うリスクが高いってことになるんですね(´・ω・`)

【ハイパースキン脱毛方法】

ハイパースキン脱毛の方法は、今までの脱毛の「熱による細胞の破壊」を行いません。
しかも、施術するところは、通常だと成長期の毛に対してダメージを与えるのですが、ハイパースキン脱毛は「休止期」の毛に対してアプローチします。

休止期の毛に対して何をするのかといいますと、特殊な光によって
発毛の種を消滅させるというものです。発毛因子をなくしてしまえば
毛は生えてこなくなるからです。

【ハイパースキン脱毛は痛みもなく肌も傷つかない】

ハイパースキン脱毛は、毛の発毛因子に対して効果を発揮するので
痛みはなく、熱いといってもほんのり温かい温泉に入っているかのような
感覚で脱毛することができます。しかも、肌が強い熱を持たないので、肌トラブルもなく。安全にやけどやシミの心配もなく脱毛ができるのです。

【ハイパースキン脱毛のデメリット】

ハイパースキン脱毛は1回あたりの効果が光脱毛と同じぐらいの効果なので、なかなか効果が得られないという話をよく聞きます。
実は、効果がないと感じてやめてしまったり、ちゃんと毛周期に合わせて通わないでいると、効果が得られにくいということになるのです。

ハイパースキン脱毛はその安全性から子どもでもできる脱毛として注目されているのです。

脱毛もいいけど、お尻がざらざら!どうしたらいい?

VIOのO脱毛をしたのはいいんですが、最近気がついたんです。
なんかお尻がざらざらしているっ!!!(´゚д゚`;)
なにができているんだろうとがんばって鏡で見ようとしたら、
そこに映っていたのは、黒ずんだ汚いお尻!!!

しかもなんかニキビじゃない?ブツブツがたくさん…ヽ(;´Д`)ノ
しばらくこれは見たくないし、これじゃ水着だって着れない!
どうしたらいいんだろうと思っていたんです。

そこで、色々調べてみたところ…。
gf2160379138
このブツブツでお尻がざらざらしているのは。
毛孔性苔癬(もうこうせいたいん)という皮膚疾患なんだそうです。
なんかすごい難しそうな名前ですが、そういうものらしいです。

このお尻がざらざらしているのは、この毛穴がブツブツしているからなんです。
でも、どうしてこんなのができるのが分かりませんよね。

原因は、遺伝性だったり、おしりの脂肪がたまっていることだそうな。
長時間座ったり、下着やストッキングなどの圧迫でダメージを受けているんです。

治療としては、とにかくお尻を清潔にすることです。
お尻専用の保湿ジェルもあるので、お尻は保湿して。ピーリングなどで毛穴をスッキリさせると良いようです。

そして、主な対策は、運動をすることが重要です。
一日10分でもいいので、体を動かすことは重要なのです。
新陳代謝をうながすことによって、お尻の皮膚のターンオーバーを正常にすることができるのです。

もう一つは下着を変えてみることでも十分変わります。
下着はナイロンやポリエステル製のでは通気性がよくありません。

下着は綿やシルクなど通気性のいいものに買えてみましょう。もしくは、ボクサーパンツにしてもOKだと思います。

もし、急な用事で水着を着ることになったら。パレオ付きの水着で
対策をするといいでしょう。パレオなら十分隠せますし、おしゃれに見えるので一石二鳥ですね。

ただ、うっかりパレオを外してしまうと、ざらざらのお尻が見えてしまうので、注意したいですね。

最近多い家庭用脱毛器に付いている美顔機能

家庭用脱毛器の中で画期的な機能として、美顔機能が付随しているものがあります。
光脱毛器の中には、その光そのものが美顔になるというものです。
カートリッジ交換で、脱毛ができるものに関しては、美顔器に変身してしまうものもあり、本格的な美顔器として使用することも可能です。
フラッシュ脱毛器の場合、その光が肌に良いということもあり、脱毛している間も肌保をキレイにしていくとされています。
ツルスベ素肌というような表現をしますが、まさにツルツルの肌ですが、美顔作用が効果的に肌に効果をもたらしているということがあるようです。
家庭用脱毛器を選ぶ時に、プラスアルファの魅力として、この美顔器脳はポイントとしても高い内容です。
脱毛そのものは肌に大きな刺激を与えるもので、負担も大きく、荒れたりすることが多いです。
それを美顔効果があることで、無駄毛がなくなると同時に美顔になるというのはありがたいことでしょう。
高級な家庭用脱毛器なしかついていないことはなく、比較的手に入りやすい価格の家庭用脱毛器にも、美顔機能が付いているものも多くあります。
現在、多くの種類の家庭用脱毛器が販売されていますが、美顔機能の有無で購入を決めるのも良いかもしれません。
まさに一石二鳥の内容で、無駄毛もなくなって、肌もキレイということになれば、お肌そのものの悩みもなくなってしまうと期待ができます。
美顔器を買おうと思っている方にも、脱毛機能はいかが?と宣伝したいくらいです。

家庭用脱毛器であっても照射前に注意したいこと

家庭用脱毛器を使用する時に、一応準備が必要な器械もあります。
レーザーなどの照射をする時には、必ずその部分を冷やさなければなりません。
専用ジェルが用意されている場合は、それを使用して、キンキンに冷やさなければ、照射している間、痛い思いをすることが多いです。
また、短い毛の場合は、そのまま照射できることが多いですが、長い毛の場合は、最初にある程度剃ってから行わなければならない家庭用脱毛器もありますから、注意が必要です。
脱毛サロンでも同じような下準備が必要なことがあります。CX_FV154
予め短く剃ることで、照射効果を良くすることとされています。
そして、注意してほしいのは、サーミコン時の脱毛器以外の時には、なるべく日焼けをしないことです。
特に黒くなってしまった時には、家庭用脱毛器そのものを使用しないほうが良いとまで言われています。
これは、光脱毛器などの場合は、厳密に言うと毛に対応するのではなく、肌の上の黒いものに反応します。
ということは、黒い肌やほくろにまで照射をする事になります。
ほくろを取ることは不可能ですから、せめて日焼けだけは絶対に避けるようにしてください。
脱毛サロンなどでは、日焼けは禁止行為であり、施術そのものが出来ないこともあります。
家庭用脱毛器と言っても、照射をするのですから、同じ禁止行為に変わりはありません。
また、事前にスキンテストを行う家庭用脱毛器もあり、異常がある時には使用できないこともあります。
いろいろと注意事項があります。

 

家庭用脱毛器葉あり頻繁に使用しないほうが良い

家庭用脱毛器では、使用する頻度を自分で決めることになります。
脱毛サロンなどでは、エステシャンの指導のもとを行っていくことですから、指示されるのを待つだけです。
たいてい家庭用脱毛器は、脱毛サロンのものよりも出力が弱いとされています。
ということは、効果の出方も遅いことが予想され、脱毛サロンの照射よりも早い周期で行いたいところです。
ここの判断は難しいのですが、家庭用脱毛器の照射周期は10日から2週間とされています。
中には、1週間に一回ペースのものも存在しますが、少なくとも10日間はあけたほうが良いと言われています。
この照射周期が、脱毛サロンよりも早い場合もあります。
家庭用脱毛器の種類によっては、すぐに発毛することもあり、気になるところですが、一応は説明書どおりの照射周期を守ることをオススメします。
照射の強さだけではなく、肌を照射すること自体、頻繁に行わない方が良い行為です。
ですから、次の照射の時まで、時間があけばあくほど、肌への負担も小さくなって良いと判断されます。
自分の肌に異常がないからやってしまっているという方も多く、平気な方もいらっしゃいます。
ただし、あまり賛成できることではありません。
発毛周期そのものが早い方も多いのですが、照射に関しては、少し我慢というのも必要な時があります。
家庭用脱毛器は簡単にできるものですから、ささっとしてしまいたいところは山々ですが、照射そのものが肌に何らかの影響があることになると、後で大変なことになります。

家庭用脱毛器で自己処理 危険な部位はしない方が良い

家庭用脱毛器では、全身の脱毛を網羅することができます。
ほとんどできない箇所はないとまで言われています。
しかし、このことは全種類がそうかというと、そうではありません。
家庭用脱毛器によって、Vラインが出来ないもの、男性は使用できないものなどがあります。また、眉毛用脱毛器ということになると、一部の家庭用脱毛器にしかついていない機能です。
本当に全身ということになると、微妙な回答になります。
家庭用脱毛器はあくまでも自己処理ですが、危険という部位として、IラインとOラインがあります。
いずれもデリケートゾーンの一部ですが、Vラインよりもデリケートゾーンになります。
この2つのラインの脱毛ができる家庭用脱毛器は存在していないですし、何かの事故があっては大変な部位です。
必ず、Iライン、Oラインの脱毛を希望する方は、脱毛サロンで行うようにしてください。その他の部位に関しては、原則自己処理が可能になっていますが、背中の脱毛などは、誰かにやってもらうことをオススメします。
鏡を見ながらと言っても、かなり無理があります。
自分で手が届かない、見えない部分の脱毛は、家庭用脱毛器を行ってもらうというのが良いでしょう。
そして、家庭用脱毛器の説明書のなかで、この器械ではここの部位の脱毛は禁止という事項がある場合には、必ず守るようにしてください。
勝手な判断での家庭用脱毛器の自己処理は危険な行為ですし、事故があった場合も自己責任になります。