未分類」カテゴリーアーカイブ

項目別の脱毛器比較をしてみるとベストなのはケノン?

家庭用脱毛器は、一昔とくらべて性能もぐんと良くなり、種類も豊富です。 エステ並みの脱毛器もありますが、それぞれの脱毛器比較をしてみましょう。 ・多機能な脱毛器 機能というのは、脱毛以外の機能がどのくらい付いているか?ということです。 ケノン 脱毛・美顔・眉毛脱毛 トリア 脱毛 ラヴィ 脱毛・美顔 ラヴィをあえて挙げたのは、ケノンよりも安価で美顔機能があるからです。 ・コスパが良い ケノン 1発0.15円 ラヴィ 1発0.21円 イーモリジュ 1発0.46円 ここでもケノンが良いですね。 ・痛みが強い トリア ノーノーヘア こちらは、ワーストランキングです。 ・男性髭脱毛に適している ケノン 断然効果が高いです。 結局ケノンの一人勝ちで終わりました。 楽天ランキングの脱毛器でも常に1位ですし、本気の家庭用脱毛器で良い物はケノンです。 ただ、ソイエはお風呂で使えます。 脱毛器と言うよりは、特別な電気シェーバーですが、角質ケアもできるので、比較対象にはなりません。 ムダ毛処理程度のものですと、カミソリなどを使っている方も多いですが、使用感やツルツルまでの脱毛をしたい時には、ケノンがおすすめです。 実際に購入の段階になると高額になってしまうので、躊躇してしまいますが、エステ並みの仕上がりと肌負担を考えると、家での光エステという意味では、ケノンに叶うものはない状態です。 返品保証があるものなどで、興味がある物を使ってみるのも良いですが、一応家庭用脱毛器は痛いものが多いというのが、口コミでも言われています。

子供の光脱毛その影響はあるのでしょうか?

子供が、光脱毛などをするのはあまりおすすめできないという意見もあります。

成長が続いてる間に、体に庵影響があると考えられることはするものではないということと、ホルモンの関係から、脱毛サロンなどの施術の効果が半減してしまうというものです。

キッズ脱毛と銘打ってはいるものの、体の影響をどうしても考える事もあるでしょう。

そのような方にとっては、ジェルやクリームなどで、子供の脱毛を行うことが良いでしょう。

要は目立たなければ良い、その場だけ毛がなければ良いということであれば、どうしてもカミソリ脱毛も方法の一つになります。
一般的に、光脱毛などは、子供を対象にしているものであれば、何の影響も無いとされています。

ただ、大人でも生理の時には脱毛の施術はしないほうが良いと言われています。

これはホルモンの関係からですが、子供がホルモンバランスが左右されるのは思春期とされています。

しかし、最近では、10歳未満の初潮も多いことから、ホルモンバランスを考慮するのなら、どうしてもある程度年齢がいってからの脱毛サロンデビューがお勧めです。

斑な脱毛になってしまうということになると、その分無駄になってしまいますし、何らかの影響もあるかもしれないと危惧するのも心理状態としては理解できます。

大人は大丈夫な対応も子供にはどのようなことになるのかは予想が出来ないというのも一つの理由です。

そんな神経質にならなくても、という方は、キッズ脱毛がお勧めでしょう。

お肌に優しく美肌効果も!話題のSSC脱毛って何?

20121219164915-42

敏感肌で、脱毛には苦しんできたという人にとって朗報とも言えるのが、SSC脱毛の出現ではないでしょうか。

SSCはスムーススキンコントロールの略称で、イタリアのDEKA社が日本市場に向けて開発した光脱毛機です。

お肌に塗る抑毛効果のあるジェルと、メラニン色素に反応して毛根を弱らせる光の、二つの相乗効果で、脱毛の効果をあげる方法ですが、普通の光脱毛と違う点は、肌にあてる光を直接肌に反応させるのではなく、一度ジェルを通してから肌に働きかけるという方式をとっていることです。

従来のキセノンランプでの光脱毛では、毛根に強いパワーで直接ダメージを与えてきました。そのため痛みを感じやすく、途中でリタイアせざるを得ない人も多かったはずです。

しかし、SSCの、特殊ジェルにのみ反応するクリプトンライトは温熱効果もあり非常に痛みが少ない状態での施術が可能となりました。

痛みが少ないことで、お肌への刺激が弱まり、脱毛につきものである肌トラブルなどが軽減されるうえ、特殊ジェルに含まれる尿素、サリチル酸、セイヨウシロヤナギエキスなどの植物由来の有効成分が、クリプトンライトの温熱により脱毛中の開かれた毛穴に浸透し、荒れた肌を美しく整えてくれる効果もあります。

また、このジェルには黒ずみを消す効果もあるということで、自己処理の繰り返しで荒れて黒ずんでしまったワキなどには、かなり期待できる脱毛方法ですね。

現在のところ、臨床検査の結果、副作用などの所見は見当たらないということですので、安心してトライできます。

子供にお勧めの脱毛法ハイパースキン法について

PH133_140
最新鋭の脱毛方法の一つにハイパースキン法があります。
休止している毛穴に対して光を当てる方法です。
従来の黒い毛に対応する光脱毛ではなく、まだ発毛していない毛根に対してのダメージを与えることになります。
この画期的な脱毛法は、幼児にも対応ができます。
というのも、生えてない毛に対しての脱毛、要するに抑毛を目的としていますから、肌に熱いものを向けるものでもなく、生えている毛を抜いたり切ったりすることもありません。
ですから、お勧めなのは、ワキ毛が生える前のハイパースキン法です。
必ずワキ毛は発毛しますが、必ず脱毛をする部位です。
それを生える前に脱毛してしまおうというのですから、子供に向けた脱毛法として極めて革新的な方法といえます。
毛深い現象と言うのは、幼児でもすでに現れていることが多いです。
しかし、幼児がサロンで脱毛を行うのは、普通のところでは無理な行為ですが、ハイパースキン法の場合は、対応してくれることになります。
すでに、ハイパースキン法で、その後の発毛の心配がなくなることが多いです。
幼少の時に毛深い方は、きっと将来かなりの毛深さになるのは簡単に想像することができます。
それを事前に予防できます。
それを考えると、これからの子供脱毛の形としては、理想的といえるでしょう。
もし、お子さんが毛深いのではないかと思われる方は、ハイパースキン法を検討してみてはいかがでしょうか?
これから先の脱毛に悩まなくて良いというのは素晴らしいことです。